So-net無料ブログ作成

働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

 働く女性の7割以上が、自分はメタボリック症候群または予備軍だと考えているとの結果が、化粧品会社ナガセビューティケァのインターネット調査で出た。周りにいる「メタボな人」にも女性を挙げる回答が最も多く、メタボといえば男性とのイメージを覆す結果となった。
 調査は2月、首都圏の20〜50代の仕事を持つ女性500人を対象に実施した。
 自分はメタボと思うかとの質問に、「思う」としたのは13.4%、「ややメタボ気味」は22.8%で、「今は違うが危機感はある」(38.8%)という予備軍を合わせると7割以上に上った。
 メタボまたは予備軍と感じる理由(自由回答)は「おなかが出てきた・肉が付いた」が最多で、「しゃがむとおなかが苦しい」とのリアルな記述も。次いで「太っている・太ってきた」「体重増加」となり、診断基準(腹位など)よりも体形や体重で判断していることがうかがえた。 

【関連ニュース】
薄型テレビ販売、2.5倍に急増=3月、エコ基準変更前に駆け込み
「ありがとう」1位は母親=受験に関するネット調査
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
トヨタ、米国で3位転落か=今年のシェア予想

過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く(産経新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
不均衡是正や金融規制を議論=23日にG20財務相会議(時事通信)
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合 天下り受け入れの果てに… (産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。